新刊「自然と歴史が結んだ絆」を販売

平成25年度は、竹富町との姉妹町盟約40周年、弘前市との友好都市盟約30周年にあたります。これを記念し、知床博物館では特別展やロビー展を行いながら交流記念誌「自然と歴史が結んだ絆」の製作を進めてきました。この冊子では、斜里町と両市町との盟約が結ばれるまでの経緯や、当時を知る方々の貴重な証言をとりまとめました。昔懐かしい写真も掲載し、この40年の交流を振り返っています。また津軽藩士殉難事件について、青森県の地方紙「東奥日報」に35回にわたり連載された特集記事「斜里に消ゆ」も再録しました。

  • サイズ:A4版
  • 頁数:81頁
  • 価格:600円

※協力会々員の皆さまには4月号のタンネウシに同封しました

13141451873_9a2f977052_o

自然と歴史が結んだ絆
—竹富町・弘前市と斜里町との交流の歴史

目次

  • 竹富町と斜里町の交流のはじまり
  • 竹富町と斜里町の交流のあゆみ
  • コラム・定置網漁業を通じた竹富町との交流
  • コラム・農業を通じた竹富町との交流
  • メッセージ・40年の「絆」に乾杯よせて(那根 操)
  • 竹富町の概要
  • 弘前市との交流のきっかけとなった歴史
  • 慰霊祭第20回記念座談会
  • 弘前市と斜里町の交流の歩み
  • コラム・斜里ねぷたの経緯と今
  • メッセージ・友好都市30周年に寄せて(福真幸悦)
  • 弘前市の概要

★「東奥日報」で紹介されました

2014/6/8 (日)の東奥日報・朝刊で紹介されました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です